« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

腕がだるい

腕がだるいと言っても、論文を書く練習しすぎでだるいわけではないのです。

先日、社内の組織再編があり、エアコンから離れた場所に机が移動となった。当然、節電のため設定温度は28°Cのため、机に座っているだけでも暑い。朝からうちわをパタパタ.. すると夕方には腕が..妙にだるい。卓上扇風機をゲットしないと、これから夏本番なのに夏バテしそうな状況です。

| | コメント (0)
|

IT環境の補強

わが家のIT環境は、入居当時から設置されてるもので、だいぶ老朽化してきた。そのため、ネットの速度が遅く、たまにネットに繋がらないことも複数回..そこで、マンションタイプ光に変更し、無線LANも併せて設置することができた。ゲーム機、スマートフォンもWi-Fiで繋がるのでなかなか便利である。(まだスマートフォンに変更してないけど、今の携帯を夏モデルに変更しよう)

この機会を逃さず、IT化を進めるため、Googleカレンダーでスケジュールを管理しようと思っている。まだ、2日しか使っていないが、スマートフォンと同期出来るようなので、便利かな??

| | コメント (0)
|

勝手な予想

残り2ヶ月を切り、追い込みに時期に入ってきました。(私も追い込みの時期ですが、自分を追い込めていません ふー)

道路ネタとして、昨年末から全国各地で”事故ゼロプラン”という事業が展開されているようです。

http://www.mlit.go.jp/common/000133870.pdf

それを踏まえて、

わが国の交通事故の現状を述べるとともに、交通事故対策の現状、課題および対応策について述べよ。

事故の現状(私が知っているものですので、記憶が曖昧かもしれません)

 ・取り締まり厳罰化にともない、死亡事故は減少、ただし、負傷事故は変化無く、高齢

  者事故は増加

 ・事故は自宅から500m以内で発生(生活道路が多い)

 ・自転車と歩行者の事故も増加

事故対策の現状

 ・事故要因分析

 ・交差点改良(右折レーンの設置)

 ・路面標示の設置

 ・etc

 

事故対策の課題

 ・ヒューマンエラーに対する対策が難しい

 ・画一的な対策だけでは、事故は減少しない

 ・市街地では、抜本的な対策が困難

 ・交通管理者との協働が必要

対応策

 ・事故分析に基づいた、合理的な対策

 ・ハード面の対策のみでなく、交通安全教室などのソフト対策

 ・ITS車載器やITを活用した対策

 ・対策後の評価 事故マネジメント(PDCA)が大切

あくまでも勝手な予想ですので、自己責任でお願いします。

| | コメント (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »