« 打ち合わせ用ノート | トップページ | 今年の最後に »

失敗原因の特定

今年もあと10日となりました。そして明日は一次試験の合格発表です。当社には一次試験を受けた者はいないようですが..

そこで、今年を総括してみようと思います。

昨年12月初旬にらがーさんの講座に申し込み後、想定問題と格闘し、一昨年度の論文を流用し提出したら、一喝(涙)(問題文に沿っていない)それから、修正^3を繰り返し、年末にようやく”その1”をクリヤーして、引き続き、その2、その3..その8を3月初旬までに完了。

 4月に入り、択一問題に取り組む。過去問と問題集を解き、間違った問題と覚えにくい内容は、ノートにまとめ、関連する事項もノートに追加していく。エクセルで正解、不正解が分かるシートを作成し正解率の算出も行った。しかし、複数回解くとだんだん答えを覚えてしまう。問題を解くたびに正解率は上がり(当たり前)なんとなく、択一に少し自信もてるようになる。(ここが、失敗の原因①か??)

 6月に入り、論文の要点を一枚にまとめ、ペーパー1枚で5枚分をイメージ出来ようにとりまとめた資料を作成し、択一と論文を平行して勉強。また、近年改正された法律や関連事項をチェックする。近年の択一は、全く聞いたことがないような問題もあるため、これを攻略しようと考えていた。(ここが、失敗の原因②か??)

 択一対策として、問題集を中心に勉強したため、青本の内容が断片的で、細かい文言や図表などに固執したため、本来の意味が分かっていなかった(択一最大の失敗原因)

 論文対策として、金太郎飴への過度の固執があり、技術士論文の鉄則である、”題意に沿って書く”が抜け落ちた文章になってしまった。(論文の失敗原因)まあ、当日はサプライズな内容だったので、これを上手く書けた人は少ないのかもしれませんが..

 9月に入り、択一の手応え、論文の手応えが無いにもかかわらず、体験論文の添削を御願いした(らがーさん、すみませんでした)。いざ書き始めると、思った以上に難しく完成するまでに約1ヶ月を要した。

 そして、10月29日..結果は、ブログでご紹介したとおりです。

以上、今年の総括として、失敗原因を明確にし、次年度に向けた取り組みの足がかりとするために、まとめてみました。

それでは、みなさんよいお年をお迎えください。(ちょっと早い??)気が向いたら今年もう一度更新するかも...

|
|

« 打ち合わせ用ノート | トップページ | 今年の最後に »

技術士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打ち合わせ用ノート | トップページ | 今年の最後に »