« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

今年の最後に

 前回のコメントで、今年の失敗原因を特定してみたが、反省するなら、サルでもできる。(どこかで聞いた??) そこで、”今年の反省と来年の抱負に向けて”まちづくりさんのタイトル及び内容をそのまま使って、書いてみよう(まちづくりさん、勝手に使ってすみません)

1.今考えている目標は、本当に必要なのか。

 →試験は毎年難しくなっており、早めに資格を取得することが必要で、来年、受験は3回目で最後の受験にしたい。(3度目の正直)

2.目標を達成することによるメリットはなにか。

→プロポーザルでの得点(今年1件総合得点で負けた)、資格手当がプラス○円、ステータス?

3.では、なぜ、今年失敗したのか。

→青本の理解不足と課題に沿った論文展開力が不足、モチベーションを維持するため目標が不明確(心の中で、総監は本当に必要なのかと考えていた??)

4.どうしたら、来年は達成できるのか。

→今年の悔しさをバネに、心機一転。昨年までの貯金(勉強)だけでは、合格できない。

5.具体的にどうしたら良いのか。

→青本を一から勉強し直す。最低3回熟読(いままでは、キーワードの拾い読みだったように思う)、択一の問題集を再度見直し、総監ノートの充実、キーワードから論文展開が出来るように勉強する

以上は、あくまで、試験対策の内容ですので、総監を取得したら全ての課題を上手く解決できるとは思っていません。

では、皆さん良いお年を!!(前回も書いたか??)

| | コメント (0)
|

失敗原因の特定

今年もあと10日となりました。そして明日は一次試験の合格発表です。当社には一次試験を受けた者はいないようですが..

そこで、今年を総括してみようと思います。

昨年12月初旬にらがーさんの講座に申し込み後、想定問題と格闘し、一昨年度の論文を流用し提出したら、一喝(涙)(問題文に沿っていない)それから、修正^3を繰り返し、年末にようやく”その1”をクリヤーして、引き続き、その2、その3..その8を3月初旬までに完了。

 4月に入り、択一問題に取り組む。過去問と問題集を解き、間違った問題と覚えにくい内容は、ノートにまとめ、関連する事項もノートに追加していく。エクセルで正解、不正解が分かるシートを作成し正解率の算出も行った。しかし、複数回解くとだんだん答えを覚えてしまう。問題を解くたびに正解率は上がり(当たり前)なんとなく、択一に少し自信もてるようになる。(ここが、失敗の原因①か??)

 6月に入り、論文の要点を一枚にまとめ、ペーパー1枚で5枚分をイメージ出来ようにとりまとめた資料を作成し、択一と論文を平行して勉強。また、近年改正された法律や関連事項をチェックする。近年の択一は、全く聞いたことがないような問題もあるため、これを攻略しようと考えていた。(ここが、失敗の原因②か??)

 択一対策として、問題集を中心に勉強したため、青本の内容が断片的で、細かい文言や図表などに固執したため、本来の意味が分かっていなかった(択一最大の失敗原因)

 論文対策として、金太郎飴への過度の固執があり、技術士論文の鉄則である、”題意に沿って書く”が抜け落ちた文章になってしまった。(論文の失敗原因)まあ、当日はサプライズな内容だったので、これを上手く書けた人は少ないのかもしれませんが..

 9月に入り、択一の手応え、論文の手応えが無いにもかかわらず、体験論文の添削を御願いした(らがーさん、すみませんでした)。いざ書き始めると、思った以上に難しく完成するまでに約1ヶ月を要した。

 そして、10月29日..結果は、ブログでご紹介したとおりです。

以上、今年の総括として、失敗原因を明確にし、次年度に向けた取り組みの足がかりとするために、まとめてみました。

それでは、みなさんよいお年をお迎えください。(ちょっと早い??)気が向いたら今年もう一度更新するかも...

| | コメント (0)
|

打ち合わせ用ノート

口頭試験が始まっています。筆記合格者のみなさんは、くれぐれも体調管理に気をつけてください。

今日は、打ち合わせ用のノート(ダイヤリー)についてです。ノートPCではありません(^_^;)

数年前から、このノートはあるメーカーさんから年末にもらうダイヤリーをメモとして使用しています。大きさ、厚さなどが手頃で、カレンダーの部分が少なく、メモ帳として罫線が引いているものです。これを毎年1月の打ち合わせから使用し、1年間使うのですが、数年前まで、毎年メモの部分が余って、新しいダイヤリーに移行していました。しかし、今年は、そのメモをとる用紙が現時点で不足してしまいました。打ち合わせ回数が多いのか、記述内容が多いのか?? 発注者との打ち合わせ回数は、以前よりだいぶ多くなったと思います。

しかし、打ち合わせ回数は、○回以上と仕様書で記述されているため、何回行っても増額はない...受け負けだから仕方がないのか??

業務でバタバタしているが、勉強再開に向けて、きっかけを探している今日この頃であった。

| | コメント (0)
|

模擬面接

先日、知り合いの方の模擬面接に参加しました。事前に、体験論文と経歴書を拝見して、ちょっと、むむむ? どうも経歴書、体験論文について、既技術士の方に見てもらっていないようだ。当日、その旨確認したところ、やっぱり...(>_<) 受験者の周りに、技術士の方がいないとのこと.. 一言相談してもらえば..今更遅いか??

詳しいことは、書けませんが課題と問題点が明確になっておらず、略記は、業務概要であり課題、問題点、解決策が書いていない。これは、面接時かなり不利な状況です。

しかし、いざ面接を始めると専門事項は、かなり勉強(経験も積んでいる)しているようである。まあ、部門が違うので細かいところは分かりませんが..

あと一回、模擬面接を同一部門の方に面接受けるようなので、何とか合格してもらいたいと思っています。

その会場で、受験者が持っていた技術士倫理要綱の冊子を模擬試験官役の3人(私も含む)は誰も持っていなかった。あれれ(・_・)エッ....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »