« 体験論文の提出が終わる | トップページ | いよいよ口頭試験の時期です。 »

口頭試験までの過ごし方

ふと、3年前の今頃は何をしていただろうと思い、振り返ってみた。

合格発表は、11月7日 試験まて一ヶ月程度であり、焦る気持ちを抑え想定問題の作成と解答を作成し、らがーさんに2~3回添削してもらったようだ(メールの履歴を見ると) それと、技術士会の支援講座に行き、体験談などの講義、模擬面接を受けた。そして、専門分野の月刊誌や日経コンストラクションなどを数ヶ月前から最新号までをざっと読んで知識の習得に努めた(しかし、そのような内容は、聞かれませんでしたが..)

業務にあまり集中できず、仕事はぼちぼちだったかな??

口頭試験は、12月3日、前日より上京し試験会場の下見に行き、当日も、試験時間の2時間前くらいに、会場到着。もんもんとした空気が漂う待合室で、呼び出しを待った。(平成19年度より、試験室の前で待つようだが、私の時代は、女性の呼び出しがあり、試験室まで案内してくれていた) そして、試験開始。あっという間の時間だった。すぐに電車に乗り、空港まで。そこで、質問、回答の再現を行い帰路につく。

少しは、参考になりましたでしょうか?? 文章で書くと大したことはありませんねー

|
|

« 体験論文の提出が終わる | トップページ | いよいよ口頭試験の時期です。 »

技術士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体験論文の提出が終わる | トップページ | いよいよ口頭試験の時期です。 »