« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

口頭試験までの過ごし方

ふと、3年前の今頃は何をしていただろうと思い、振り返ってみた。

合格発表は、11月7日 試験まて一ヶ月程度であり、焦る気持ちを抑え想定問題の作成と解答を作成し、らがーさんに2~3回添削してもらったようだ(メールの履歴を見ると) それと、技術士会の支援講座に行き、体験談などの講義、模擬面接を受けた。そして、専門分野の月刊誌や日経コンストラクションなどを数ヶ月前から最新号までをざっと読んで知識の習得に努めた(しかし、そのような内容は、聞かれませんでしたが..)

業務にあまり集中できず、仕事はぼちぼちだったかな??

口頭試験は、12月3日、前日より上京し試験会場の下見に行き、当日も、試験時間の2時間前くらいに、会場到着。もんもんとした空気が漂う待合室で、呼び出しを待った。(平成19年度より、試験室の前で待つようだが、私の時代は、女性の呼び出しがあり、試験室まで案内してくれていた) そして、試験開始。あっという間の時間だった。すぐに電車に乗り、空港まで。そこで、質問、回答の再現を行い帰路につく。

少しは、参考になりましたでしょうか?? 文章で書くと大したことはありませんねー

| | コメント (0)
|

体験論文の提出が終わる

本日が体験論文の提出期限でした。(もう郵便局は閉まってますので..)
提出はしたけど、もう少し手を加えた方が良かったとお思いの方もいらっしゃるのではないでしょう?? また、誤字、脱字に提出後気が付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?? 
過去の掲示板等でもそのような内容がありました。しかし、要は口頭試験前に、その間違いに気づけば、当日、”書き間違えました”と訂正すれば、大きな減点になることはないと思いますよ。誤字、脱字を口頭試験で指摘された方もおられますが、それが原因で不合格は、無いと思います。 大丈夫です。念のため再度チェックをされて、もし見つかった場合は、素直に白旗を揚げましょう!!
それから、試験中、けっして、口論したり、喧嘩をしてはいけません。試験官は神様ですから..
試験まであと1ヶ月弱あります。それまでに想定問題を最低100個程度作成し、自分の回答案を作成して下さい。その際、回答は、口語体(しゃべることば)です。体験論文の文語体と異なります。注意して下さい。

それでは、みなさんがんばって下さい。

| | コメント (0)
|

体験論文について

体験論文の提出期限が近づいてきました。もう提出は済みましたでしょう??
本日、社内筆記合格者の体験論文の添削依頼を受けましたので、それについて書いてみたいと思います。
昨年も同じようなことを書いたかもしれませんが、APECさんのHPにもかかれているように、課題と問題点がごちゃ混ぜになった論文でした。まあ、体験論文は、採点対象ではないものの、試験官にそこのところを明確に説明する必要がありますから..
やはり、既技術士などの添削を受けて、論点を明確にしておく必要があるのでないかと思います。
論文の流れは、課題→課題をクリアするための問題点→問題点を解決するための対策→成果→今後の展望 要は、専門技術力を駆使して、どのように工夫して、成果を導き出したかを書く必要があるのだと思います。細かい内容は、APECさんのHPを参照して下さい。
それにしても、今週は寒いですねー。一気に冬ですね。口頭試験に臨まれる方は、体調管理を万全に!! 新型インフルになっても再試験は無いですよねー...どうする??

| | コメント (0)
|

知らなかった!?

だいぶ前の話になりますが、今年の総監試験は、試験会場に行きませんでした。よって、当然不合格なのですが、その通知が来ると思い、どういう内容で来るのかな??と思っておりました。しかし、未だに何も来ません。おーーー 、試験を受けなかったら、何の通知も来ないんだ!!(初めて知りました(*^_^*))

来年は、ABCの評価が受けられるように、がんばります。

| | コメント (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »