« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

時間に遅れるのが嫌いな性格!!

筆記試験の合格発表まで、あと1ヶ月を切りました。みなさん、体験論文の作成は進んでいますか?? 終わっていない人は、そろそろ、気合いを入れた方がいいと思いますよ。例えば、2回の添削を受けるとして、作成3日、添削2日を2回繰り返すと、もうそれだけで10日です。 合格発表から提出まで、2週間しかありません。
昨年わが社の筆記合格者は、何名かの既技術士が添削したため、締め切りの3日前に提出していたような気がします。(発表前に完成していても..こんな状況です)
また、口頭試験に向けて、勉強も始めなくてはいけません。本当にバタバタです。
ところで、私は、タイトルでも書いたように、時間に遅れるのが大嫌いなんです。よって、朝の出社、打ち合わせ、出張、旅行等でも、時間に余裕を持って行動します(社会人として、当たり前??)。そのため、仕事も工程に余裕がないと嫌いなため、出来るだけ工程を詰めて、何とか先に出来るものはないかといつも考えながら仕事をしています。時間が無い(過年度業務の問い合わせや電話対応が多くの時間を費やす)と焦ってしまって、思うように仕事が進まない事もあります。
この状況を見ていても..上司は..何も.. これに期待する自分が悪いのか、それとも私の性格が悪いのか?? 昭和時代の組織はこんなもんか...今日は、愚痴の一歩手前??
話は変わって、社内旅行で神戸まで行ってきました。新幹線の窓越しに、広島市内と建築中の広島球場をみて、少し懐かしい気持ちになりました。なかなか、広島に行く機会がありません。友人の結婚式ぐらいかな??

| | コメント (0)
|

ネタがない!!

今年の受験は、撃沈が確実なため毎日全く勉強しておらず、日々単調な生活であり、ブログを更新するためのネタがない。また、やる気も出ない。どうしたらいいのだろうか??

来週末は、社内旅行(神戸)、その次の週末は、講習会(大阪)と予定が詰まっているので少しでも、業務を進めておいた方が後から楽が出来るのでないか?? と思っているがなんだかなー やる気が出ない。

| | コメント (0)
|

たまには、役立つ内容も!!

私は、昨年2名の体験論文を添削(アドバイス)した。このときの内容について書いてみたい。
まず、業務概要については、業務内容、課題と解決策の結論を書けば良いのではないか?? これについては、文章のわかりやすさが確保されていればあまり問題が無いのではないかと思う。
つぎに、詳細業務であるが、課題の数が多いと論点がぼけて、本当に必要な解決策(技術士としてアピールする内容)が分からなくなることがある。
例えば、課題が2つあり、A課題とB課題があると記述する場合、①A課題を解決するためB課題が発生するのか? ②A課題、B課題が単独な課題なのかで表現が変わると思う。できれば、②の場合は、どちらかに課題を絞った方が良いと思う。課題は多くて2つ程度で、それ以上は論点をぼやけさせるだけだと思う。
解決策は、課題に対する解決策(なぜ、この工法を採用したのか?)であるため、それ以外の条件をあまり書くと、ぼけた論文になってしまう。また、単純に比較検討してC工法を採用した。ではなく、D工法より○○の点で優れており、経済的、施工性、...を考慮するとC工法が妥当であると判断した。などの言い回しが良いのでないかと思う。

ただし、私は、試験官でもなく、資格取得後の経験も浅いため、私が勝手に思いこんでいる部分もあると思いますので、各自、既技術士に添削して頂くことが、重要だと思います。みなさん、がんばって下さい。

| | コメント (2)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »