« 青年技術士会の活動 | トップページ | 地球温暖化対策?? »

両側歩道の必要性!?

特定財源の復活により、今年度の新規物件の発注があった。その中で、営業より両側歩道の必要性について、確認してほしいの依頼があったようである。

構造令によると、自転車歩行者道・第10条の2では、自動車の交通量が多い第3種又は第4種の道路には、自転車歩行者道を道路の各側に設けるものとする。ただし、地形その他の特別な理由により、やむを得ない場合は、この限りでない。
 この文面を忠実に解釈すると、交通量が多い3種の道路では、両側に自歩道が必要となる。しかし、昨今の道路事業を取り巻く情勢を考慮すれば、片側歩道でも十分ではないかと思う(一国民とすれば)
 他方、発注者側に立てば、施工済み箇所が両側歩道で整備され、歩行者動線のネットワークや将来の沿道開発による宅地化を考慮すれば、両側歩道が必要という検討結果になる。これをうまく発注者、地域住民に説明するのが、技術者の力量か??(昔は、全国一律の整備を目指していたため、両側歩道の必要性ではなく、標準幅員で決まっていたため、このような検討は必要なかった。)
検討することは、増えるが歩掛かりは増えない!! たまには、専門分野の内容を書いてみました。

|
|

« 青年技術士会の活動 | トップページ | 地球温暖化対策?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よっしー1号さん、お久しぶりです。

歩道設置は確かに難しいですね。
両側に設置できれば何も苦労しないのですが、現場条件がそれを許さない場合が多いから悩むんですよね。

片側に設置するとしても、どっち側にに設置するの?
人家が多い方とか、小学校の入り口に近い方とか…。
さまざまな考え方があると思います。

たとえば、
歩行者や自転車の交通量で決めるとか…。
標準幅員を苛めて、狭いけど両側に設置するとか…。
車道を狭めて両側歩道を優先するとか…。

考えたらきりがありません。
最後はローカルルールを……。

やっぱり難しいですね。

投稿: いなかもの | 2008年6月 6日 (金) 20時27分

いなかものさん、おはようございます。

構造物設計と違って、設計者の判断によるところが多いため(構造物も、設計者の判断が必要ですけど..)ストーリーを明確にしておかないと、変更になる場合がありますよねー(調査職員や担当者が変わるとか?? えっ 前任者と打ち合わせしたのに!! って感じ..)
本来は、利用者である地域住民の意見を聞くのが、いいんでしょうけど、工期内終わらなくなるかも? うーん 悩ましい!!

投稿: よっしー1号 | 2008年6月 9日 (月) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青年技術士会の活動 | トップページ | 地球温暖化対策?? »