« 明けまして(た)おめでとうございます | トップページ | 課題論文の進捗 »

あるべき姿とは?

正月の鏡開きも終わったので、タイトルも更新しなくては..

ということで、あるべき姿について考えてみた。青本、ハンドブックに記述されている組織としての考え方や経営側が行動すべき項目を身につけることが(5つの管理を用いて行動すること)総監の頭なのだろうか?? そして、それが ”あるべき姿”なのではないと思う。

日本の会社のどの程度が、”あるべき姿”実行できているのだろうか?? 当社は到底ほど遠い..総監の勉強を進める(進捗は遅いが..)たびにそう思う。しかし、試験は試験としてあるべき姿を追い求めなくてはならないのではないか!? また、総監取得後(もしも)に当社の組織を理想に近づける行動を担うべきではないかと考えている

あっ そんな将来より、今現実の課題論文か・・? 

|
|

« 明けまして(た)おめでとうございます | トップページ | 課題論文の進捗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よっしー1号さん こんばんは
そうですね~ 青本やハンドブックはあくまで教科書なので、内容としては「理想と現実」というか「本音と建て前」というか、そのまま現実の問題に当てはめようとすると無理があるかも知れませんよね。

おっしゃられる様に試験と割り切る部分も多いと思いますが、総監技術を知識として知っておくことで、何時か現実問題に応用できると思っているのですがね~(甘いか?)

PS 当社も「あるべき姿」には程遠いと思っています。

投稿: こうへいのちち | 2008年1月13日 (日) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けまして(た)おめでとうございます | トップページ | 課題論文の進捗 »